2014-07-31

初夏の陽気に春の嵐

北半球の1月末に相当する1月末なのに・・・昨日から気温が上がったシドニーは、連日の24℃。
冬から一気に初夏になったような感じ。。。
今日は、日が暮れて2時間近く経った午後7時にまだ21℃。

この気温の上昇は、前線の通過による大陸からの北風ピィ~プゥ~で、強風による被害も各地で続出。
しかし、この高温も今日までで、この週末は冬の気温に逆戻り。。。

ほんとに、風向き次第で季節が一変してしまうシドニーの気候。。。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-30

低価格SIM

最近、目にするようになった日本の低価格SIM・・・要は、携帯電話の番号を始めとする通信情報を保管したメモリーカード。
日本では、ガラケーが3G対応になるまでは、端末に組み込まれていた物。

なぜ、こんな小さなメモリーカードが必要かと言えば、日本以外の国々では携帯電話機販売と携帯電話網サービスは別物だったから。。。
日本でも、MVNOと呼ばれる携帯電話ネットワークの再販が始まり、来年にはSIMロック解除が義務化され、ビジネスモデルが大きく変わるハズ。

この低価格SIMのサービス内容を見ると、ほとんどがデータ通信のみで、音声通話ができるようにするには追加料金が発生する。
携帯電話なのに電話ができずにデータ通信のみ?!
スマホを使えば、数々の無料アプリを使って音声通話もできるから・・・テレビも電話も全てがデータ通信に置き換わる日は近いのか!?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-29

立場をわきまえないと

先月からミニスカートの制服を導入して話題を振り撒き・・・
8月後半には、日本国内初の無料機内WiFiサービスを始め、ドル箱の羽田-福岡線を9月から全便A333に変更したり。。。
サービスの話題には事欠かない業界3位のスカイマーク。

全席エコノミーのA380を使って、成田-ニューヨーク線で国際線デビューを狙っていたけれど、ここに来て大きなトラブルがニュースの種に。
そりゃぁ、この超大型機6機の注文をキャンセルするとなれば違約金を請求されるのは当たり前のこと。
契約書にキャンセル料の金額も規定されているハズだから、それ以上でもそれ以下でもないはず。。。

そもそも、日系2社と米系2社で1日6往復飛んでいる長距離路線に、大量の席数を投入しても、素人目には埋まるとは思えないけれど。。。
とりあえずは、契約書でサインしたことに従って、相手が悪いようなことをマスコミに言い付けるのは止めた方がいいのでは!?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-28

知らない食の慣習

会社の近くの韓国人経営の日本食レストラン・・・最近のシドニーの日本食レストランの半数以上は韓国人経営では?!
寿司やウドン・ソバや丼物が、韓国定番のビビンバ等と一緒にメニューに載っている。

韓国より日本と看板に書いた方が集客力が上がるからなのか・・・オージーには何がどっちか分からないだろうし。。。
そんな店で、親子丼を注文したオーストラリア人女性が、店員を呼んで文句を言っていた!

その文句の内容を盗み聞きしてみると・・・卵が半生なのが嫌らしい。
もっとしっかり調理してくれと。。。
親子丼の卵が半生でフワフワでなかったら・・・鶏肉入り卵焼き丼?!

生卵を食べる習慣がなかったら、他国の食べ物でもやっぱり気になってしまうんだろうか?!
だったら他の物を注文したら良いのに!?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-27

水辺の遊歩道

昨日の朝の雨とは違い、きれいに晴れ渡った日曜日。
久しぶりの放射冷却で冷え込んだけれど、日中の暖かさは・・・もう春!

雨上がりの週末は、水鳥も翼を広げて日光浴・・・丸で銅像のように固まったまま。。。

対岸の高層住宅群は、他国の例に漏れず、ほとんどが中国系の人々によって高値で取引され、毎月のように住宅価格は上がるばかり!

モクレンの花も満開の7月最後の週末・・・月が替われば三寒四温で暖かさも増すはず。
本格的な春は、もうすぐそこに。。。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-26

ソリュブルとは

インスタント・コーヒーに替って使われ始めたソリュブル(Soluble)という英単語は、日本語訳では溶ける・溶解できる。
カップに粉を入れて、お湯を注げば溶けてコーヒーになる・・・確かにソリュブル・コーヒー。

インスタントを日本語訳すると瞬間・瞬時・・・瞬間コーヒー?!
日本でインスタントという言葉が使われ始めたのは、インスタント・ラーメンからでは。。。
丼に麺を入れてお湯を入れて数分間・・・チキンラーメンは瞬間ラーメンだったけど、その後のインスタントラーメンは鍋で数分間煮て、スープを入れて。。。
とても瞬間ラーメンと呼べる時間で出来上がらず。。。
スパゲティーもマカロニも、ウドンもソバも、同様に数分間茹でなければいけないのに、インスタントとは呼ばれないのは何故?!


インスタント・コーヒーと対照的に使われているレギュラー・コーヒーという言葉・・・日本語訳すれば通常コーヒー。
では、その他のコーヒーは異常コーヒー?!

和製英語の変な使い方だけでなく、ソリュブルという言葉を使わせたくないという業界の頭の固さは、日本から無くならないんだろうか?!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-25

立場が逆だったら

中国で、日本人5人目の死刑執行がされたそうで・・・50g以上の麻薬持ち込みに極刑が科せられる中国の法律下では、法に則った処置で仕方ないんだけれど。。。
日本社会やマスコミには大きな反響も無く。。。
見殺しとは言わないけれど、見放し状態。

あの、尖閣諸島沖の漁船体当たり事件で船長が逮捕された時の中国の騒ぎを見たら・・・日本の法律に則った処置だったのに。
その騒ぎを受けて直ぐに釈放してしまった日本側に問題もあったけれど。。。

中国人が死刑相応の犯罪を日本で犯して、死刑判決が出た時点で大騒ぎになっているハズ!
この大人しい反応のない日本人が普通なのか、何ごとにも大騒ぎの中国人が普通なのか?!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-24

2人目は無料の運賃

LCCの先駆けのジェットスターが、成田-ケアンズ、成田-ゴールドコースト、関西-ケアンズ線にB787を導入。
その新機材を記念して2人目無料セール中。

料金は1人ずつ徴収されるけれど、2人で同時に予約発券した場合に適用される料金。
日本・オーストラリアどちらの発券でも適用。
ちなみに、成田-シドニーの場合、一人片道15,675円から・・・プラス税・諸費用で機内食・預入手荷物無しで、2人で片道72,270円。
20kgの預入手荷物は、片道4,550円の追加。

路線によって、適用される旅行期間は違うけれど、購入期限は日本時間で7月30日の22:59まで。
日本からの料金詳細はここに。
http://www.jetstar.com/jp/ja/special-offers

オーストラリアからの料金詳細はここに。
http://www.jetstar.com/au/en/special-offers/japan2for1


ちなみに、成田-シドニーの片道2人合計運賃を比較すると、
日本発券で72,270円
オーストラリア発券で575.78ドル(≒54,700円)
全く同じ日の同じ便を比較して、何でこんなに大きな差額が出るのかと思ったら・・・燃料サーチャージが徴収されるのは日本発券だけ!
いつまでも不可解な航空運賃の設定方法。。。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-23

東証の営業時間

個人投資家の約9割が、ネット売買をしていると言われる今日の株売買。
日本最大の金融商品取引所の東京証券取引所が営業時間の見直しをしているというニュースが流れているけれど・・・なぜ消費者本位の考え方ができないのか!?

現在の営業時間は、9:00~11:30の前場と12:30~15:00の後場。
これに加えて、東南アジア諸国向けの夕方や、仕事を終えたサラリーマン向けの夜の営業を考慮しているらしい。

しかし、なぜもっと簡単な現実的な方法を思いつかないんだろう?!
ほとんどの個人投資家がネット売買をしているなら、一般的な就業時間外に東証が営業していればケリの付く話。

日本の朝11時30分は、多くの東南アジア諸国で朝8:30~9:30・・・その時間に休んでるし。
多くの日本のサラリーマンがネットで取引できる昼休み時間帯の半分は休み時間。

新たな営業枠を考える前に・・・サービス業だったら、多くの企業と同じように9:00~18:00の継続的な営業を考えたら?!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-22

一度に150機発注

機内サービスの豪華さで、シンガポールと競い合うアラブ勢・・・エミレーツとエティハード。

潤沢な資金でサービス向上を続けるエミレーツは、50機目のA380を受領して、A380の保有数で世界最多に・・・3年後には90機にまで増える予定。
A380だけでなくB777の保有数も世界最大で138機。

それが理由かどうか分からないけれど、先月70機のA350の発注をキャンセルしたばかりなのに、7月に入って150機のB777xを発注。
この発注額は560億ドル(≒5兆6千億円)・・・オプションで50機の追加発注も。。。
今日時点で、エミレーツは200機以上のB777の納入待ち状態。

小型機に置き換えの終わった日本勢は、JALの保有数が116機、ANAが173機なので、エミレーツの大型機の運行規模は格段に違う!
この大量発注の新型機に、どんな装備が載って来るのか楽しみなところ。。。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-21

カラカラのシドニー

今年の7月も残すところ10日。

シドニーの7月の平均雨量が98mmなのに、今年の7月は2/3過ぎてもたったの4mm。
ここ1週間は、毎日雨の予報が出ていても曇っているだけで雨はならず。。。

この冬の乾燥状態は、風邪の諸症状を悪化させるのに貢献してしまい・・・冬休みが終わって休暇明けのハズなのに、社内でも病欠の多い事!
水不足が心配になる状態ではないけれど、10年ぶりに干ばつサイクルに入ってしまったのか?!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-20

低燃費車の高級車税

日本ではエンジンの排気量によって自動車税額が変わるけれど、オーストラリアでは車の購入価格によって高級車税(ラグジュアリー・カー・タックス)が科せられる。
この高級車かどうかの境界線は、登録料や強制保険料を除く、全てのオプション装備と納車費用や消費税を含んで61,884ドル(≒590万円)。
日本では、もちろん500万円を超える車は高級車!

但し、オーストラリアの輸入車価格は、日本の皆さんの想像以上に高価!
例えば、日本では約450万円で売られているレクサスIS250は、オーストラリアでは75,000ドル(≒710万円)。
さらに、高級車の価格帯に入っているので、超過価格に対して33%の税金が課せられて、約50万円の上乗せ。
そして、この高級車税も含めた合計価格の5%の印紙税が課せられて・・・日本で500万円前後のIS250は、オーストラリアでは約830万円に!


最近は、7L/100㎞以下の低燃費車・・・日本風に「リッター何km」に変換すると、リッター14.3㎞以下の車が該当。
この低燃費車は、減税特典が与えられ、課税価格が75,375ドルまで引き上げられ、それ以上部分にのみ33%の課税。
例えば、トヨタの1800㏄カローラは6.6L/100kmは低燃費車・・・2500ccのカムリは7.8L/100km、IS250は9.2L/100kmで、減税対象にはならず!

新しい低燃費モデルの計算式が間違っている場合もあるので、6万ドルを超えるような車の購入を考えているオーストラリア皆さん・・・見積書のLCT(ラグジュアリー・カー・タックス)欄の数字にはご注意を!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-19

大地に沈む夕日

冬至から約1ヶ月が過ぎた南半球。
日の入りの時間も20分遅くなって5時10分に・・・5時前に真っ暗だった事を考えると、すっごく日が長くなった感じ。

雨予報で雲が有るからこそグレーとオレンジのグラデーションがキレイに見えて。。。
これから、夕日は徐々に南に移動して行って、ブルーマウンテンの影に沈むように。。。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-18

4ヶ月で2機も

3月8日に370便が行方不明になってから4ヶ月余り・・・またマレーシア航空絡みの事件性の高い事故。

両機共に10年以上前の製造でリースされていたけれど、この短期間に大型機2機と2組のクルーを失ってしまい、500人以上の犠牲者・行方不明者の補償をするとなると莫大な損失に。
370便の捜索費用は、いつまでどれだけかかるか分からないし。。。

それにしても、民間の大型機が撃墜されたのは、1983年9月の大韓航空のB747以来。
ヨーロッパは、夏休み期間に入って東南アジアへの旅行の人々、イスラム教のラマダンが終了間近でマレーシアに里帰りする人々。。。
需要の大きな時期の出来事。

公開されている積み荷情報を見ると、295人の乗員乗客以外に生きた犬・鳩も犠牲になったことに。。。
もちろん、大量の郵便物や荷物が。。。

しかし、1万メートル上空を時速900キロで飛ぶ60mの物体をピンポイントで撃ち落とせるだけの技術を持っているとは・・・大国の軍隊並みの能力を持っている現代のテログループ。。。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-17

炭素税は廃止に

オーストラリアで2年前に導入された炭素税・・・発生したCO2の量に対して課税されるもの。
去年9月の総選挙で、現政権が公約に掲げていた炭素税廃止・・・3日間の論戦のあと、今日廃止することを議決。

この廃止で、ガス料金が7%・電気料金が9%値下げされ、一般家庭で年間550ドル(≒5万2千円)の出費減になるという試算。
今後の地球温暖化の抑制手段は、排出ガスの売買で賄うことに。

さて、電気・ガス料金引下げはいつからなのか?!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-16

補償額は5億ドル

2009年に発生して、1日にして173人の命と2千軒以上の家を焼失したVIC州の山火事。
損害額は約10億ドル(≒950億円)と推計され。。。

火災の原因は、電線のが触れ合って発生した火花がユーカリに着火だとされ、電力会社と電線の補修を担当していた下請け会社が住民に訴訟を起こされ。。。
損害額の約半分で史上最高額の5億ドル(≒475億円)が、補償費用として支払われることになったけれど、被災住民に支払われるのは12~18ヶ月先のことになりそうで。。。

日本でもオーストラリアでも、災害の被災者が欲しい時には頼りにならない補償金!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-15

冬の夜の停電は

午後9時43分・・・突然の停電。。。
家の周りは、ほとんど雨も降っていないのに、きっとどこか遠くで落雷でもあって?!

この冬の夜に停電になると、電気ヒーターはもちろん、ガスファンヒーターも使えず。。。
ガス瞬間湯沸かし器も着火できずに水のまま。。。

テレビが見れないのは良いけれど、PCはバッテリーで動いているけれどネットには繋がらず。。。
唯一普通に使えるのはスマホだけ! 懐中電灯にもなるし。。。
でも、いつ再充電できるか分からない時に、電池を消耗させるのも不安に。。。

1時間経っても復旧しないし・・・起きていてもすること無いし、寒いし。。。
寝るしかない!

たまの停電は、健康的に早寝ができる!!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-14

冬の朝焼けと夕焼け

放射冷却で冷え込む朝が続いているシドニーの朝焼け。
ハーバーブリッジとシドニータワーのシルエットが日の出前の朝焼けに。。。


夕方の西の空には、赤く燃える雲の塊が。。。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-13

名簿屋という商売

顧客情報漏えい事件で目にする機会が増えた名簿業者という業態・・・昔々は、学校の卒業名簿等を購入して、独自にデータを加工して企業に販売していたのが始まりでは?
もちろん、情報が紙で取引されていた時代なので、コンピュータで使えるようにデータ化してフロッピィで販売したり。

21世紀に入りたての頃でさえ、郵便番号簿という冊子はあっても、デジタル化されてなくて、企業は郵便番号データを業者から購入していた・・・たった10数年前の事なのに、今となっては想像もできない時代!

そして、デジタル社会からネット社会に移行し、各企業が簡単に消費者情報を集められるようになり、名簿業者の需要は無いハズなのに。。。
それでも存続できていると言うことは・・・他社の集めた情報を利用したい企業があり、その需要に応える為に違法な手段を使わないと商売にならないのでは。。。
ある意味では、脱法ハーブ販売店と同様に、商売自体が違法ではないけれど、販売商品が違法と合法の境界線上に。。。

例えば、
小売店の会員証や電子マネーでは、どんな人がいつ何をどれだけ買ったか。
IC乗車券では、どんな人がいつどこからどこまで行ったか。
等々の情報を利用して、特定な地域・特定な商品の宣伝を個別に送る事が出来て無駄を省ける。

今までの情報購入費を考えたら、会員として情報を提供してくれる消費者に割引しても、企業としては元が取れるというもの。。。
消費者も、そこまでは納得して情報提供しているのだから、企業も自社内利用という一線は死守してくれないと社会秩序がままならない!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-12

ホテルでこんな姿に

インドのニューデリーにある5つ星ホテルの正面玄関で、壁に激突して無残な姿になってしまったランボルギーニ ガラルド。


ホテルの従業員が駐車場から出して、客に渡そうとしていたらしいけれど・・・
インドの実業家が2年前に約5900万円で購入した車が大破してしまい、修理費用が約3400万円。
video

こんな金持ちが、大破して修理した車に乗るんだろうか?!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2014-07-11

座礁した鯨の救出

今週の火曜日に、ゴールドコーストのビーチに打ち上げられて身動きが取れなくなった子供の鯨。
推定約20トンの体は、波に打たれて砂に埋まるばかり。。。

丸2日の救出作業の末、鯨は無事に南太平洋に戻って行ったけれど。。。
video

この一連の写真を見ての通り、2日間の救出作業は、昼夜を問わず過酷な作業。
http://www.goldcoastbulletin.com.au/news/gold-coast/photos-fnj94idh-1226982494551?page=1

こんな感動的なシーンを動画と静止画で目にしてしまうと・・・日本の調査捕鯨に対する疑問が増してしまうかも。。。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -